女の子放課後保健室レポート

女性のためのつながりサポート事業「いわて女性のスペース・ミモザ」。

花巻では『女の子放課後保健室』として毎月第3木曜日に開催していましたが、3月17日、無事に最終回を迎えました!

岩手日日さんが取材してくださり、3月18日の新聞に掲載していただきましたので、ぜひご覧ください✨

*女性の悩み 寄り添い まんまるママいわて・「放課後保健室」
生き方考える機会にも【花巻】
https://www.iwanichi.co.jp/2022/03/18/7486710/

 

今回、OKD Worksでも少しお手伝いさせていただきましたが、助産師を志している高校生が来てくれたり、少人数でしたが、深いお話しができたと思います。新聞記事のタイトルに「生き方考える機会にも」とありましたが、まさにキャリア教育の側面も強い回でした。

月1開催と放課後保健室というネーミングで、女の子のたまり場のようになれば、継続的に関われたら、という想いがあっただけに、最後というのが寂しく感じます。

まんまるママいわてさんは、これまでにも、まんまるぽっと体験レポート!で取り上げさせていただいたり、想いは同じだと(勝手に)思っていまして! 今回も途中からですが一緒にやらせていただき、佐藤代表理事の言葉に共感しかありません…!

「新型コロナウイルスの影響は、たくさんの女性にいろいろな意味で及んでいる。相談者の問題は複合的な要因が絡んでおり、一つの窓口では対応できない」
「もっと女性に歩み寄る仕組みが必要だと実感した。女の子放課後保健室を足掛かりに、結婚や妊娠前の女性に、よりアプローチしていく方法を考えていきたい」

岩手日日新聞より引用

 

OKD Worksでは、子持ちニンゲンと不思議ちゃんというTwitterアカウントも持っていますが、これも、どうアプローチするか悩んだ末のもの(笑)

子持ちニンゲン~のきっかけとしては、これから妊娠・出産・育児を経験される方が、「子を持つ」ということについてイメージしたり考える機会・きっかけを作りたい!としていますが、その他にも「3歳からの性教育」「キャリア教育」「子どもにとって家庭・学校以外の第3の居場所」などをキーワードに、継続的に取り組んでいきたいため、ぜひアドバイスやご協力をいただけますと幸いです!

ご興味ある方やヒアリングさせていただける方も、とても嬉しいので、お気軽にお声掛けください!

 

「女の子放課後保健室」では、経血カップや吸収型サニタリーショーツなど最新の生理用品、女性用セルフプレジャーグッズなども展示しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。