方言

そこまでキツくはないものの、やはり年配の方や、電話の場合などは、聞き取りに苦労することもあります…!

もちろん無理に使う必要はないのですが、地元の方と話す時に、少し訛っていた方が親近感を持ってもらえるような気がしたり、なんならそちらの方が相手に伝わるような気がするのが、不思議なところです(笑)

ここでは、よく会話に登場する方言や、方言に触れる際におすすめしたいものをご紹介しています。

 

よく出てくる方言

方言意味や用例
ばふっと(ばほっと)だいたい おおざっぱに
※仕事の会議などでも普通に使われるので驚きます
〇〇ささらない(自分のせいではないけど)〇〇できない
書かさらない、行かさらない、のように使います
かだる参加する 仲間に入る
かだって~(一緒にやろうよ~)のようにも使います
ねまる座る くつろぐ
まんつ、ねまって(まず座って)のように使います
おちゃん座る
おちゃんして(座って)と主に子どもに対して使います
あめる腐る
いずい(いづい)しっくりこない 居心地が悪い なんか気持ち悪い
むずむずする もどかしい
かっぽり(かっぱり)雨の時などに靴に水が入ること
過去形の多用「(今)居ます」ということを「居ました」と言ったりします
イントネーション人名 : た(か)お さん たか(の)りくん など
その他 : (コ)ーヒー (イ)ス など

※()が付いているところにアクセントが付きます
※だとしたら高尾山はどうなるんだ!?と衝撃を受けました…

 

移住者には、どの方言が岩手弁で東北弁なのか難しいのですが、
きちんと「花巻弁」というものも存在するようです。

宮沢賢治の物語には、花巻弁を多用したものも沢山ありますので、
ぜひ楽しんでみてくださいね♪

 

おすすめ

まきまき花巻で連載されている花巻弁講座です!

花巻の方言で宮沢賢治作品の朗読を行う活動をされています。

上町の「賢治の広場」で毎月第3土曜日に開催されている『宮沢賢治カフェ』で朗読が聴けますよ♪